万葉線 デ7052

デ7000形は加越能鉄道が1961(昭和36)年に導入した車両で、3両が日本車輛で製造されました。
東京都電8000形をモデルとして製造された車両で、当時加越能鉄道と乗り入れを行っていた富山地方鉄道のデ7000形とほぼ同じ設計となっています。車両番号については富山地方鉄道のデ7000形と重複を避けるために7051から付番されています。1971(昭和46)年に運賃箱や整理券発行機などのワンマン化に対応する機器が搭載されました。
その後に製造されたデ7060形やデ7070形と共に万葉線の主力車両として活躍してきましたが、2003(平成15)年から導入が始まった新型の超低床電車MLRV1000形「AI-TRAM」の導入により2009(平成21)年に廃車されました。

 製 造 : 日本車輛製造

 製造年 : 1961(昭和36)年

製造車両数: 3両

 軌間 : 1,067mm

電気方式: 直流600V 

車両定員: 98人(座席定員28人)

 自重 : 15.3t

 全長 : 12,500mm

 台車 : N-105

主電動機: NE-50B

駆動方式: 吊り掛け駆動

制御装置: 間接非自動制御式抵抗制御

制動装置: 空気式・電気式ブレーキ

​【所在地】 〒298-0135

      千葉県いすみ市作田1298

【営業時間】10:00~16:00

【入場料金】無料

【駐車料金】バイク1台500円、乗用車1台1,000円

      (保存鉄道車両の見学またはカフェTKGを利用する場合適用)

【定休日】 毎週火曜日・水曜日・木曜日

       (但し祝日の場合は営業)

© 2019 by popponooka of Site.