​ いすみ鉄道 いすみ204

​いすみ200′形はいすみ鉄道が1988(昭和63)年の開業時に導入した気動車で、登場時はいすみ100形を名乗っていました。

製造元の富士重工業が当時第3セクター向けに製造を進めていたLE-CarⅡシリーズの15m級鋼製車両で、バスの車体工法が取り入れられているのが特徴です。

登場時はセミクロスシートでしたが、その後ロングシートへ改造を受けていすみ200形、床材を張り替えた際にいすみ200’形と形式が2回変更されています。

引退後はいすみ201、203、205、207がミャンマー国鉄へ譲渡されたほか、いすみ202が茂原市にある煎餅直売所「あられちゃん家」で休憩用スペースとして活用されています。

 製 造 : 富士重工業

 製造年 : 1988(昭和63)年

製造車両数: 7両

 軌間 : 1,067mm

最高速度: 80km/h

車両定員: 103人(座席定員44人)

 自重 : 24.2t

 全長 : 15,500mm

 台車 : FU-34ED(動力台車)

      FU34-ET(付随台車)

動力伝達: 液体式

制動装置: 直通空気ブレーキ

      機関ブレーキ

      排気ブレーキ

​【所在地】 〒298-0135

      千葉県いすみ市作田1298

【営業時間】10:00~16:00

【入場料金】無料

【駐車料金】バイク1台500円、乗用車1台1,000円

      (保存鉄道車両の見学またはカフェTKGを利用する場合適用)

【定休日】 毎週火曜日・水曜日・木曜日

       (但し祝日の場合は営業)

© 2019 by popponooka of Site.