【24系客車オハネフ24-2車外銘板盗難について】

本日、ポッポの丘で保存している24系客車オハネフ24-2について、車外銘板が盗まれているのを巡回中のスタッフが発見しました。貴重な車両の部品を盗難するのは到底許されない行為であることから、速やかにいすみ警察署に連絡し、被害届を提出致しました。

日本に数少ない、多くの夢を運んだ貴重なブルートレインです。

ポッポの丘で保存しているブルートレインは現役当時の雰囲気を残すためにその車両に取り付けられていた部品類をそのままにしております。これら車外銘板はその車両についているからこそ意味があり、輝きを放ちます。

過去2020年4月19日未明に発生した不法侵入につきましては、その後警察の捜査により犯人が検挙されております。

もし車外銘板を自身で保管したいと持ち去ったのであれば、本来その銘板があるべき場所に戻したいので、速やかにお返し下さい。一瞬の気の迷いで許される行為ではありません。

なおこのような行為がありましたので、ブルートレインの車内開放や、現在企画を進めているイベントの中止を検討しています。イベントを考案した一人としても大変残念に思います。一人の身勝手な行動が多くの人に迷惑をかけています。本人に届くかは分かりませんが、どうか考え直してみてください。

なお盗難された車外銘板は下記3点です。
・JR東日本
・新潟鉄工所 昭和48年
・日本国有鉄道 土崎工場 昭和58年改造

盗むところを見た、盗んだと言う話を聞いたと言う方が居ましたら、些細な情報でも構いませんので、ご一報ください。犯人検挙へご協力お願いします。

代表 村石(携帯) 090-4605-9797

                                         以上

2021年12月18日

Image-empty-state.png
Image-empty-state.png