204.jpg

 銚子電気鉄道 デハ701

画像 269.jpg

デハ700形は銚子電気鉄道が1978(昭和53)年に導入した車両で、登場時はデユワ101形を名乗っていました。
近江鉄道の全線電化に合わせて1928(昭和3)年に川崎造船所で製造されましたが、後に同鉄道の輸送力増強のため旅客用車両を増備することとなり、モハ51形が1941(昭和16)年に日本鉄道自動車工業で新製されました。走行用の機器は種車のデユワ101形から流用したうえで半鋼製車体となっています。
デハ701は当時の銚子電鉄では唯一総括制御が可能であることから銚子電鉄の主力車両として活躍しました。基本的な車両構造はデハ702と同一ですが、1995(平成7)年に発生した事故の復旧で尾灯が引掛式から埋込式に変更されている点などがデハ702とは異なります。

 製 造 : 日本鉄道自動車工業
 製造年 : 1941(昭和16)年
製造車両数: 2両

 軌間 : 1,067mm
電気方式: 直流1,500V 
車両定員: 110人(座席定員44人)
 自重 : 28.2t
 全長 : 15,365mm
 台車 : KS-33L
主電動機: 直巻電動機SE-119-C
駆動方式: 吊り掛け駆動
制御装置: 抵抗制御PC-101-C2
制動装置: AMM自動空気ブレーキ

画像 353.jpg